筋トレのメリットとデメリットを追求

現在では筋トレは老若男女問わず、筋力アップを目指したものから、体力の向上、ダイエット目的など様々な分野で活用されていますよね。 しかし、筋トレでも本当に効果がある筋トレをしているのは少ないのです。それは筋トレをきちんと理解して自分の目的に合った方法を出来ていないのが原因とされています。 自分に合った筋トレをしていないと様々な問題が出てきます。今回は一緒にその問題を解決に導いていきましょう。

自分の目的に沿った筋トレを見つける

まず、筋トレをする上で考えることがあります。一つは「筋トレをしてどうなりたいか」ということです。ダイエット目的でスリムを目指したいのなら、筋肉を引き締めるようなメニューの筋トレを、ムキムキになりたいのなら筋肉を大きくすることを目的としたトレーニング法をするなど、まずは自分の最終的な目標値を設定しておくほうが、様々な種類のトレーニングに右往左往することなく取り組めるでしょう。 そして、「どこに重点を置くか」というのも決めておいて損はありません。まず、大まかな目標を決めます。そして、たとえば太ももが太いのが悩みの方であれば、下半身に負荷をかけたトレーニングを多くしたメニュー構成を作成します。

効果のない間違えた筋トレでのデメリットとは

大まかな情報で、自分に合わない筋トレをしてしまっている方も多いのではないでしょうか。間違えていることに気づかず、なかなか成果と結びつかないと悩んでしまいますよね。では「間違えた筋トレ」とは何なのでしょうか。姿勢が正しくなかったり、力を入れるところを間違えていたり、負荷をかける際に呼吸を止めてしまっているなど、割と数をこなそうとする方に多いこともあります。 実はやり方を間違えた筋トレを続けることによって効果が出ないことの他にも、筋肉を傷めて、関節や骨に負荷がかかってしまい、体を壊してしまう可能性もあるのです。こうなってしまう前にも、しっかりと姿勢や方法を調べたり習ったりするなどして、正しいトレーニングを心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?これでなかなか効果が得られず悩んでいた方も、筋トレのメリットデメリットを知り、目標設定をして自分に合う筋トレ方法を行うことによって、モチベーションを保ちながら安全でより効率的に目標に近づくことが出来ます。皆さんもぜひこれから理想の体を目指して、筋トレにチャレンジしてはいかかでしょうか?