メリットデメリットを知って始める人気のジョギング

体力作りにおすすめしたいのが手軽にできるジョギング。路上や公園などでジョギングをしている人を良く見かけますね。すぐに始められる有酸素運動の代表的なスポーツとして人気があります。ランニングを習慣化することで体力がつき筋力もアップします。ジョギングは日頃の運動不足やストレス解消にもってこいのスポーツといえます。ジョギングのメリットデメリットを知ることでモチベーションがあがり、長く続けることができるでしょう。さあ!あなたもジョギング始めてみませんか。

メリットだらけのジョギング!知れば知るほど誰でも走りたくなる!

ジョギングのメリットはたくさんあるので挙げてみます。

  • ■外を走ることで自然と一体となり、自由で爽快な感覚を覚えることができます。道路や公園に咲く花を見ながら、空を見上げ、風に吹かれ、自然を感じながら走ることはなんとすばらしいことでしょう。
  • ■基礎代謝を高め免疫力がつくことで風邪をひかなくなる。
    新鮮な酸素を吸う有酸素効果で副交感神経が活発になり、自律神経が整い免疫力が高まるので健康な体を作ることができます。
  • ■移動距離の長い有酸素運動は消費カロリーが高くダイエットにも効果があります。糖質制限や食事調整をしなくても、ジョギングだけで確実にダイエット効果が出るので、痩せるためにジョギングを始める人が多いのも納得です。
  • ■肩こりや腰痛が改善されます。ジョギングで全身の決行が良くなるので、デスクワークが長い人や、仕事で運動不足になりがちな人におすすめです。
  • ■筋肉がつくことで姿勢が良くなります。全身運動であるランニングはふくらはぎ、ふともも、腕、背筋、腹筋に筋力がつき、引き締まった体をつくるのでスタイルが良くなる嬉しい効果が。
  • ■前向きの明るい性格になる。中強度のジョギング運動はセロトニンという精神の安定や睡眠に関係するホルモンを増やすので幸せ気分が高まり、安眠を誘います。そのことでポジティブ思考になり、仕事や生活に活力が湧いてきます。

ジョギングにはどんなデメリットが?

  • ■屋外で行うので天気に左右されます。雨や雪の日には走れなくなるので、悪天候が長く続くとジョギングに影響を及ぼすのが難点です。
  • ■効果を出すには、ある程度長い時間を要します。いきなり走るのではなく、徐々に慣らして継続することが肝心です。
  • ■道路を走るため、怪我や事故の心配があります。悪路を走ると、車との接触で思わぬ危険を伴うことがあるので注意が必要です。
  • ■屋外でのスポーツは紫外線のダメージを受けます。サングラスやウェアもUVカットを着用し紫外線対策を行う必要があります。

まとめ

運動不足解消やダイエット目的で始める人も多いジョギングは、有酸素運動による多くのメリットを持つ人気のスポーツのひとつです。健康、ダイエット、体力作りに手軽に始めることができます。デメリット対策を十分行い、是非ジョギングを試してみることをおすすめします。